ちいさい家の建具
ちいさい家の建具の見積りのため
ドアやサッシの決定。
立面図を描いて、
そこへ建具を入れていく。
ああ、そうか
こんなに全体を考えながら
家を作ってなかったかもと、
20年前を振り返る。

ちいさい家は真っ白な箱で
サッシはグレー
屋根は茶色の瓦でいっか、
ドアは白でいいよ、
と、話は早い。

最近の建材カタログは
円窓なんかもあって
見るのも楽しかったけど、
施工者の顔色を見て
円窓や面倒そうなものは却下。

暮らしやすければ
なんでもいいのだ。
構造に支障がない範囲で
どんどん室内の建具も減らすので
呆れられるのだった。

| 住まい | 17:51 | comments(0) | - | pookmark |
住まいのレイアウト
 9/23のこと。
いきなり空間が降ってきた。
熊本に戻って8年と少し。
どうしてこの話が今やって来たのか分からないけれど、
父も年をとったからだろうか?

以前、お弟子さんたちの下宿として使っていた
実家の南側の車庫の2F。
4室の割と広い部屋がある長方形の住まい。
浴室と洗濯機置き場は下にあるのでそのままにするとして
2Fを全面的にリフォームしてくれるらしい。
父も81歳。
今やらなければ、きっと先はないかもしれない。

早急に私たちの気持ちも決めなくてはいけない。
住んだら住んだで問題は出てくるだろう。

住む住まないは別として、どんな家がいい?
壁が少ない方がいい。
冷暖房はネックだけど。

ル・コルビジェの家。
トレーラーハウスの家。
バスの家。
無印良品の家。
だだっぴろくて動き回れる空間がいい気がする。

さあ、どうしようか。
| 住まい | 02:17 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |