深夜のひとりごと
深夜にプリンタフル回転。
自宅で仕事を始めて分かったことが幾つか。

請求書を書くのがめんどくさい。
自分の宣伝をするのが億劫。
〇〇に載ります!出ます!と書くこともあるが
いっぱいいっぱい。
だからやる気がないかと心配されるのだろう。
もともと秘書やアシスタント、黒子向きなのだから仕方ない。
ファイリングがやたら好き。
整理整頓は好きだが、片付けがきらい。
(↑ 意味分かるだろうか)
しかし、部屋が片付いていないとイライラする。
電話が嫌い。
かけるのが嫌いかと思っていたが、受けるのも嫌い。

とは言ってもきちんとやらないと仕事にならない。
会社の方が楽だね。
担当決まってるもの。
昔がちょっと懐かしくなってる。
たくさんの先輩や上司にお世話になったなあ。
今思えば、とっても恵まれていたみたい。

ただ、いちばん嫌いな毎日同じ時間に同じ場所へ行くという
ことをしなくていいのはほんとに幸せだ。
山手線のラッシュアワーを体験していたとは
皆知るまい。

ポートフォリオを作りながら書いてみた。





 
| 仕事 | 03:56 | - | - | pookmark |
やる気が出るとき
どうしよう、どうしよう。
やる気出ちゃって・・・という時は危険(笑)

やることが山積み(いや丘積みくらいか)だと、
俄然違うことがしたくなる。
例によって例のごとく、関係ない本を2冊注文したところ。
もう1冊は迷い中。
なにせ物を減らそうとしているところなのだから。
アイデアもどんどこ浮かんできてまずい。
だってそれは今やらなくてもいいことだから。

最近の私は、
アクセサリー作りを始めた。
ずっと昔、1993年頃の私は、布小物とアクセサリーを販売していた。
貴和製作所やユザワヤに通って。
ネットとかないので、知り合いの美容室メインで。
沖縄で拾ったさんごも作品の一部にしていた。
サンゴのネックレス。
サンゴの箸置き。
サンゴのアクセサリースタンド。
子供服も作ったし、
エプロンも縫った。
思い出しても面白すぎる。

引っ越しで仕事を辞めなくてはいけなくなり、
戻るはずだった設計事務所がバブルのあおりで
雇ってもらえるどころか、事務所をたたまれることになり。。。
なんだか困ってたなあ、周りも私も。
建築関連の派遣でちょっと美味しい思いもしたけれど
(いきなり時給1,940円で、残業手当もすごいので)
長くやる仕事ではないと思い、迷った日々。
振り返れば、その2年後には水引に出会っている訳で。
(でも、仕事にするまではそれから数年)

その頃を思えば、やることが積まれているということは
本当に幸せなことだよ。
だからちゃんとしようよ!と分かっているのに、
違うことがしたくなるという天邪鬼ぶり!

やっぱりこれからちょっと違うことします(笑)
でもほんとはイラストレーターでフライヤー作らないといけない!






 
| 仕事 | 19:06 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |